月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症の特徴

糖尿病、骨粗しょう症、高血圧、心臓病、脳卒中、高脂血症、動脈硬化、認知症、白内障、高尿酸血症など、加齢に伴い発症のリスクが上がる疾患には様々なものがありますが、脊柱管狭窄症もその一つです。

脊柱管狭窄症の原因と症状

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の直接的な原因は、加齢に伴う組織の変化です。神経の付近の椎間板が膨張したり脊柱管の後ろに存在する黄色靱帯が厚くなったりなどの組織の変化により、神経が圧迫されて痛みが出てしまうというメカニズムです。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状としては、

  • 長時間歩き続けていると下半身に痛みやこわばりやしびれが生じる
  • 体を動かすと痛みが出て休むと痛みが治まり楽になる
  • 前かがみになったりしゃがんだり座ったりすると痛みが緩和される

等があります。また、症状が悪化すると体を動かしていないときでも痛みが出たり排尿や排便が困難になったりすることもありますので要注意です。

脊柱菅狭窄症でお悩みなら当院にお任せください

脊柱管狭窄症は、腰痛はあまり強くなく、背筋を伸ばして立っていたりすると太ももなどに痛みやしびれが出てきます。症状が悪化すると体を動かしていないときでも痛みが出たり排尿や排便が困難になったりすることもありますので早めの治療が大切です。

症状が悪化する前にふくろう整骨院グループにご相談ください。筋肉・骨格・神経のバランスをトータルで考え、痛みの原因を探ることで根本的改善を目指します。
ご来院お待ちしております。

お近くの院を探す