スポーツのケガ|テニス肘

スポーツのケガ|テニス肘

ラケットを持つたびに痛む「テニス肘」とは?

テニス肘とは、テニスのストロークを繰り返し行うことで肘に痛みを生じる症状です。ボールがラケットに当たるときの衝撃が手首を動かす肘に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷を来し発生するものと考えられます。

テニス肘の主な症状

テニス肘が症状の度合いによって痛みに個人差があります。動作後、15分たっても痛みが引かない、圧痛があるなどがある場合は軽度のテニス肘が疑われます。症状が重くなると次のような痛みを伴うことも。

  • 腫れている
  • 熱感がある
  • 手首の曲げ伸ばしで痛む
  • 肘の曲げ伸ばしが制限される

プレイスタイルによって変わる症状

テニス肘は、プレイスタイルによって症状が大きく変化します。バックハンドストロークで肘の外側を痛める症状を「バックハンドテニス肘」、フォアハンドストロークで肘の内側を痛める症状を「フォアハンドテニス肘」といいます。

症状の強さには「回復力」が大きく関係します

基本的に回復力が強い状態だと、負担をかけたとしても痛みをの残さづ自然に良くなります。つまり症状を取るためには負担の量より回復量を増やせばいいのです。

適切に対応しないと大事に!?

テニス肘は健や靭帯の炎症です。テニスの衝撃によって微細な断裂を繰り返した状態なのです。放置しプレイを続けた結果腱断裂を起こす、そんな最悪の結末になりかねません。適切な施術での早期診断、早期改善で楽しいスポーツライフを取り戻しましょう。

問診

肘の酷使が原因となるテニス肘。部活やスポーツなどの状況をお聞きし、症状によって治療計画を立てていきます。スポーツ障害は大会や部活などの関係で「一日も早く治したい」と訴える方が多く、可能な限り希望に添える治療計画を立てさせていただきます。

一般的な治療院ではアイシングや湿布、テーピングなどの一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。

施術

ふくろう整骨院では、炎症が起きている場合アイシングなどの処置やテーピングなどでの固定と共に、炎症がおさまった後に身体のメンテナンス、筋肉を回復させるための手技マッサージ、早く治りたい、治したい人のためにハイボルテージといわれる最新治療器を使って施術していきます。またフォーム改善とセルフケアも大切なポイントになります。こちらの指導もトータルで行い再発予防のアドバイスも行っています。

一般的な治療院ではアイシングや湿布、テーピングなどの一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。

成果

ふくろう整骨院が目指すものは、「根本的改善治療」です。大きなやりがいや夢でもあるスポーツに、常にケガの心配がつきまとっていては集中できませんよね。ふくろう整骨院では筋肉、骨、神経からの3つのアプローチに加え、炎症がおさまったあとのメンテンナスまでフォロー。パフォーマンス向上を目指します。

一般的な整骨院では、痛みが生じてる患部を一時的に緩和する治療が用いられますが、根本的改善には「なぜケガしたのか」「なぜ再発するのか」という疑問を解決することが大切です。

中高生にとって部活はや大きなやりがいを感じるもの。部活を休んで治療に専念することに引け目を感じるお子さんも多いことでしょう。しかし、オスグッドは集中的に治療を行うことで、再発を防ぐことができます。アイシングやマッサージ、ストレッチのように自己流の治療ではかえって悪化させることにもなりかねません。スポーツ専門治療のあるふくろう整骨院で、辛い痛みを1日でも早く取り除きましょう!専門スタッフが再発防止のためのアドバイスや、パフォーマンス向上のためのお手伝いをさせていただきます。

  • ふくろうグループの求人サイト
  • 盛岡で整骨院をお探しの方へ
  • WEB予約
TOPへ