スポーツのケガ|シンスプリント

シンスプリントとは?

「シンスプリント」とは、「スネの内側」に痛みが生じる症状です。人によっては外側にも痛みが出ることがあります。シンスプリントの症状は、走ることが多いスポーツやジャンプ競技選手に多く発生します。部活や運動をはじめたばかりの人に多くみられるため、「初心者病」ともいわれていますが、ベテランでもオーバーワークやケア不足で発生します。

シンスプリントの主な原因

シンスプリントの原因は、筋肉(後脛骨筋)が硬くなり骨を引っ張っていることで起きるといわれています。筋肉は走ったり、歩いたり、ジャンプをするたびに強く緊張をし、すねの骨膜を引っ張ります。この状態が続くと、引っ張られている骨膜に炎症が起き、痛みが生じます。これがシンスプリントの主な原因です。

シンスプリントの主な症状

シンスプリントの症状は、状態によって異なります。スネの内側やふくらはぎに軽い痛みを感じたらシンスプリントの疑いがあります。放っておくと骨がきしむように感じたり、歩いたり、立ったりするだけでも痛みが生じるようになります。

シンスプリントの症状を放置すると・・・

最悪の場合、疲労骨折を起こしプレーシーズンを棒に振ってしまう場合もあります。適正な検査と休養が必要です。部活道をどうしても休みずらい時はご相談ください。

シンスプリントを最速、最短で治すポイントは!?

シンスプリントを最速、最短で治すポイントは!?

ズバリ、身体のバランス・軸を整える事です。身体は大きく、骨・神経・筋で出来ています。骨格がズレて状態での運動は負担が何倍にもなります。筋肉の緊張も取れにくくなり、回復力が極端に下がります。そして神経にも悪いクセがつくと悪い状態が当たり前になり、悪いスパイラルにはまります。それ良いスパイラルに変える治療が必要です。当院では骨格・筋肉・神経のバランスを整えるのに最適なBNM治療法で施術を行います。

問診

シンスプリントは走ることやジャンプが多いスポーツをする人、過激な運動量の人、ケアが足りない人、運動をはじめたばかりの人に多くみられる症状です。問診で現在の運動状況をお聞きし、原因を探ります。

シンスプリントは部活に励む中高生にも多くみられる症状です。筋肉痛と誤って診断すると、未来あるスポーツマンたちの大切な時間を奪うことにもなりかねません。

施術

ふくろう整骨院では、炎症が起きている場合アイシングなどの処置やテーピングなどでの固定と共に、炎症がおさまった後に身体バランスを診てメンテナンス、筋肉を回復させるための手技マッサージ、早く治りたい、治したい人のためにハイボルテージといわれる最新治療器を使って痛みを早く引かせる施術していきます。

スポーツでのケガは、試合に出たいという強い気持ちから、つい無理をしがちです。スポーツによるケガの治療になれていない整骨院では、体の不調に気がつかず、症状を悪化させてしまうことに……。

成果

同じスポーツをしていても、シンスプリントになる人と、ならない人がいるのは、筋肉の柔軟性、骨格の歪みの有無、身体のバランスの不均等化による回復力の低下、などに差があると考えられます。ふくろう整骨院オリジナルの筋肉調整マッサージで筋肉の緊張をほぐしたり、矯正で骨格のバランス軸を整えたりとパフォーマンス向上を目指します。

筋肉の緊張だけを緩めたり、テーピングや電気治療を行っても、対処療法的ですので再びシンスプリントを招く危険性があります。痛みには原因があります。原因に対する根本改善が必要です。

シンスプリントの原因は、硬くなってしまった筋肉(後脛骨筋)による緊張です。筋肉を柔らかく戻してあげ、歪みを整え関節の動きを正しく出してあげれば、シンスプリントの症状は改善することができます。少しでも痛みを感じる場合は、当院にご相談を。思いっ切りスポーツを楽しむためにも早期治療を心がけましょう。

  • ふくろうグループの求人サイト
  • 盛岡で整骨院をお探しの方へ
  • WEB予約
TOPへ