スポーツのケガ|打撲(打ち身)

スポーツのケガ|打撲

打撲の症状

体を強くぶつける、外部から衝撃を受けると皮膚や皮下組織が損傷します。この時に皮膚表面が切れて体外に出血するのではなく、皮膚は切れずに出血だけが起こるのが内出血(アザ)です。この症状を打撲症(打ち身)といいます。

打撲が起こりやすいパーツ

皮膚や脂肪が薄くて皮下組織がダメージを受けやすい部位は内出血がおきやすくなっています。しかし、身体がぶつかり合う激しいスポーツでは身体のいたることに打撲を受けるリスクがあります。ちなみに、頭をぶつけたときに出る「たんこぶ」も打撲のひとつです。

内出血とアザ(青タン)の関係

打撲を負い、内出血をおこすと皮膚が変色し、アザのようにみえることがあります。アザは、「外から見て確認できる内出血」です。
打撲による皮下組織損傷の度合いが強く、内出血の量が多いほど、大きくて色が濃いアザになります。

ただのアザとあなどると大変なことに!?

スネや稀に大腿部や前腕部に起きるコンパ―メント症候群をご存知ですか?受傷後1日から2日以内に起こる激しい痛みを伴う疾患です。打撲などで強く組織を損傷すると内出血がおきますがその場所が悪かったりすると、神経を圧迫し最悪の場合麻痺や組織壊死まで悪化します。悪化のスピードはものすごく早い為即手術が必要な疾患です。ただの打撲と放置せず一度当院をご受診し検査を受ける事をおすすめします。

問診

打撲の問診

問診で打撲を負ったときの状況をお聞きし、症状によって治療計画を立てていきます。スポーツによる打撲は大会や部活などの関係で「一日も早く治したい」と訴える方が多く、可能な限り希望に添える治療計画を立てさせていただきます。

一般的な治療院ではアイシングや湿布などの一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。

施術

打撲直後は筋・筋膜の損傷が痛みを伴うため、それを抑える意味で冷やすのは正しい処置といえます。ただし、30分以上冷やすと、内出血した血液が固まってコブ状になり、筋組織を圧迫してさらに痛みが続くことがあります。当院では患部に電療と筋肉調整を行い、血流を促して早期回復をめざします。

一般的な治療院ではアイシングや湿布などの一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。

成果

ふくろう整骨院が目指すものは、「根本的改善治療」です。大きなやりがいや夢でもあるスポーツに、常にケガの心配がつきまとっていては集中できませんよね。ふくろう整骨院では筋肉、骨、神経からの3つのアプローチに加え、炎症がおさまったあとのメンテンナスまでフォロー。パフォーマンス向上を目指します。

一般的な整骨院では、痛みが生じてる患部を一時的に緩和する治療が用いられますが、根本的改善には「なぜケガしたのか」「なぜ再発するのか」という疑問を解決することが大切です。

中高生にとって部活はや大きなやりがいを感じるもの。部活を休んで治療に専念することに引け目を感じるお子さんも多いことでしょう。スポーツ専門治療のあるふくろう整骨院で、辛い痛みを1日でも早く取り除きましょう!専門スタッフが再発防止のためのアドバイスや、パフォーマンス向上のためのお手伝いをさせていただきます

飯岡駅前整骨院
基本情報

店名 飯岡駅前整骨院
住所 〒020-0834
岩手県盛岡市永井20−2−1
TEL 019-601-9150

盛岡整骨院 SEIKOTSU LABO.
基本情報

店名 盛岡整骨院 SEIKOTSU LABO.
住所 〒020-0874
岩手県盛岡市南大通2丁目8−2
TEL 019-681-0127

ふくろう整骨院月が丘院
基本情報

店名 ふくろう整骨院 月が丘院
住所 〒020-0121
岩手県盛岡市月が丘3丁目39−50
ナイスプラザ月が丘内
TEL 019-681-2901
  • ふくろうグループの求人サイト
  • 盛岡で整骨院をお探しの方へ
TOPへ