月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

側弯症について

側弯症の特徴

側弯症は脊柱変形のひとつです。脊柱は7個の頚椎と5個の腰椎、12個の胸椎で構成されています。正常であれば正面から見て脊柱の配列が真っ直ぐに見えます。側弯症は、正面から見たときに脊椎が左右に曲がっている状態です。

側弯症の原因と症状

側弯症の原因

側弯症は機能性と構築性の2種類に分けられます。機能性は背骨には原因がなく、背骨以外の原因を取り除けば症状が軽減できます。構築性は原因がわからない突発性の症状が多く、世界中の専門家が研究を行っています。

変形パターンは主に3つに分かれます。

  • 胸椎カーブは胸椎が中心に曲がる
  • 腰椎カーブは腰椎が中心に曲がる
  • 胸腰椎カーブは腰椎と胸椎の間で曲がる

変形です。カーブの大きさや位置により、治療の方法が変わることがあります。

当院での治療法

湾曲の角度を指標にして治療が行われます。軽い症状であれば、定期的な検査を行い経過を観察します。進行の可能性が高い場合は、装具療法を行います。装具療法は大きなコルセットを使って進行を防ぎます。

一般的に、成長が完全に止まるまでは装具を継続して装着します。重度になると、神経が圧迫されるので腰痛以外に下肢に様々な症状が出ます。

側弯症でお悩みなら当院にお任せください

側弯症は機能性と構築性の2種類に分けられています。側弯が進行してしまうと腰背部痛や心肺機能の低下をきたしてしまう恐れがあるため、早めの治療が大切です。

症状が悪化する前にふくろう整骨院グループにご相談ください。筋肉・骨格・神経のバランスをトータルで考え、痛みの原因を探ることで根本的改善を目指します。
ご来院お待ちしております。

お近くの院を探す