月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

シュラッター病について

シュラッター病の特徴

シュラッター病は、成長期の子供に多く見られます。同一のスポーツに同じ時間にわたり励んでいるのにも関わらず発症する子供と発症しない子供に分かれるのは、筋肉の様子が深く関わっています。

シュラッター病の原因と症状

シュラッター病の原因

シュラッター病は太ももの前側にある筋肉が緊張する事で生じるのですが、筋肉が過度に緊張状態になり柔軟性が失われた時に発症するという特徴から、生まれつき筋肉が固くなりやすかったり運動前に準備運動を十分に行っていない時になりやすいです。

さらに、運動後にも運動前と同様にストレッチをしてリカバリーをしてあげる必要がありますが、運動後にストレッチをする習慣が無いと筋肉が固くなったままになるため、シュラッター病が起こりやすいです。

シュラッター病の症状

活発にバスケットボールやサッカーをしている中学生または高校生に患者が多いシュラッター病は、膝にある骨が外部に出っ張ったような外見になる上に痛みも引き起こされる炎症です。

シュラッター病でお悩みなら当院にお任せください

シュラッター病は成長期の子供が発症しやすく、皮膚が赤くなったり、熱っぽさを生じる病気です。痛いからといって患部を冷やしてしまうと一時的に軽減はしますが、血行が悪くなり治りを遅らせてしまいます。

症状が悪化する前にふくろう整骨院グループにご相談ください。筋肉・骨格・神経のバランスをトータルで考え、痛みの原因を探ることで根本的改善を目指します。
ご来院お待ちしております。

お近くの院を探す