交通事故|むち打ち症について

むち打ち症とは

むち打ち症とは、交通事故のケガの中で最も発生件数が多い疾患です。

交通事故の衝撃によって、首がムチのように前後に振れ、筋肉や靭帯、関節包などを損傷することで痛みやしびれ、倦怠感、吐き気などの症状表れます。

むち打ち症の症状は、頭痛やめまい、首の痛み、腕のしびれ、倦怠感、吐き気などの多岐に渡ります。

受傷してからの期間や患者様ごとによって症状が変わってきますので、お早目に盛岡市の岩手飯岡駅前に飯岡駅前整骨院までご相談ください。

むち打ち症の注意事項

むち打ち症は、事故直後には平気でも、時間が経ってから症状が表れてきます。そのため、多くの方が「無傷で良かった」と安心してしまい、治療を受けないけままになっているようです。

実は、これこそがむち打ち症の怖いところ。そのまま放置すると急に辛い症状に襲われることがあります。

目に見える傷や、痛みがなくても、交通事故に合ってしまったらまず、治療を受けることをオススメします。

  • ふくろうグループの求人サイト
  • 盛岡で整骨院をお探しの方へ
  • WEB予約
TOPへ