交通事故によるリハビリ

事故後のリハビリで変わる後遺症の有無

突然強い衝撃を受けることが多い交通事故。その衝撃は想像以上に大きく、体のいたる所に影響を及ぼします。そのため、一見、完治したように見えても、リハビリ期間をしっかり設けなければ、後遺症が残るおそれがあります。

むち打ちのリハビリ治療

むち打ちの後遺症は、早期に適切な治療・リハビリを受けることで防ぐことができます。リハビリは基本的に誰でも無理なく出来る範囲で設定します。むち打ちの場合は首の靭帯を損傷していますので、周りの筋肉を鍛えて重い頭を支えれる様にする事か大切です。

よくあるむち打ちの後遺症

  • 気圧の変化によって首や肩に痛みが生じる。
  • 顔を上げると首に痛みが生じる。
  • 可動域が狭くなった。
  • 上を向く際、振り返る際首に痛みが残っている(可動域が小さくなってしまった)
  • 疲れやすく、倦怠感がある。
  • 集中力がなくボーットしやすくなった

事故後一つでも当てはまった方はすぐに当院までご連絡ください。

問診

事故直後の症状を改善する治療を行ったあと、リハビリ計画を立てていきます。まれに、事故のショックや後遺症、辛く続く症状によって「うつ病」になるケースも多くあります。治療は間隔を空けず、治療効果が最大限発揮されるよにし続く計画を立てていき、後遺症やうつ症状が現れない様に対策しています。

医学的には完治と診断されても、リハビリをしっかり行わなければ後遺症の原因になります。リハビリを軽視した治療計画では、根本的改善はできません。

施術

事故による痛みから、不便な生活を余儀なくされた患者様を、1日も早く元の元気な姿にお戻しすることがふくろう整骨院のモットーです。 QOL(生活の質)を向上するため、症状に対してだけではなく、その後の経過も視野に入れながら治療方法を決定していきます。

交通事故で負った外的負傷が完治しても、外からはわかりにくい筋肉や神経が傷ついている場合があります。整骨院のなかにはリハビリ治療を行わず、痛みが出たらその都度、治療を行うケースも。これでは根本的改善にはつながりません。

成果

リハビリは歪んだ骨格を正す効果もあります。後遺症予防のほか、歪みを正すことで肩こりや腰痛、冷えなどが改善されます。

交通事故によるむち打ちや後遺症はレントゲンではわかりにくいため、整形外科を受診しても消炎鎮痛剤で様子をみるようにいわれる場合が多いようです。

ふくろう整骨院は盛岡市で唯一の全国交通事故認定治療院として日々、より良い事故対応や最新のむち打ち治療技術を常に向上させていきます。また、自賠責保険や万が一後遺症が出た場合も、行政書士との連携で法律面のお悩みもサポートいたします。

  • ふくろうグループの求人サイト
  • 盛岡で整骨院をお探しの方へ
  • WEB予約
TOPへ