交通事故による骨折・骨のヒビ

交通事故後、頭痛とめまいに悩まされています

突然、強い衝撃を首や頭部に受ける交通事故は、むち打ちのほか、頭痛やめまいに悩まされることがあります。外傷ではないため、外からわかりにくく、我慢している方も多いことでしょう。交通事故のよる頭痛やめまいは、適切な処置で改善することがでできます。

事故後のめまい

交通事故後のめまいとして最も頻度が高いのは、「良性発作性頭位めまい症」という疾患です。内耳にある耳石が半規管内に入り込むことによって生じると考えられています。この症状が疑われる場合は、専門機関を受診し、適切な治療を受けましょう。

むち打ちが原因のめまい・頭痛

交通事故後のむち打ちが原因で発生してしまうめまい・頭痛には、「バレ・リュウ型」のむち打ちという症状があります。症状がひどくなると吐き気が伴うことがあります。バレ・リュウ型のむち打ちの原因は、頚椎の神経や交感神経の緊張が考えられます。

問診

交通事故発生時の状況や、めまい、頭痛のほかにむち打ちや痛みなどの症状の有無を問診でお聞きします。後から痛みが出る場合も想定し、適切な治療計画を立てていきます。

バレ・リュウ型のむち打ちの症状は、レントゲンやMRIではわかりにくいことがあります。そのため、病院や一般的な治療院では積極的な治療が行われないケースもあるようです。

施術

交通事故後の頭痛やめまいの多くは、バレ・リュウ型のむち打ちに起因します。ふくろう整骨院ではまず、むち打ちの症状を改善する治療を行い、それに伴う頭痛やめまいの症状を緩和していきます。

わかりづらいむち打ちの症状は、未熟な施術者が施術にあたると、かえって症状を悪化することにもなりかねません。特に交通事故によるむち打ちには、確かな技術と知識を持った、交通事故専門治療院での治療をおすすめします。

成果

初期のむち打ちに対してマッサージを行うことはとても危険です。ふくろう整骨院では。炎症状態や筋肉の張りを考えながら当院オリジナルの筋肉調整技術で事故で痛めた筋肉や関節をゆっくりほぐしていきます。

むち打ちの症状はレントゲンではわかりにくいため、整形外科を受診しても消炎鎮痛剤や頚椎カラーで様子をみるようにいわれる場合が多いようです。

事故直後はなんともなくても、数日後に痛みを発症することがあるむち打ち。ふくろう整骨院は盛岡市で唯一の全国交通事故認定治療院として日々、より良い事故対応や最新のむち打ち治療技術を常に向上させていきます。また、自賠責保険や万が一後遺症が出た場合も、行政書士との連携で法律面のお悩みもサポートいたします。

  • ふくろうグループの求人サイト
  • 盛岡で整骨院をお探しの方へ
  • WEB予約
TOPへ