月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

腸脛靭帯炎について

腸脛靭帯炎の特徴

腸脛靭帯炎は別名ランナー膝とも呼ばれており、マラソンやランニングをする競技者のほか、自転車によく乗る人にも発症しやすい症状です。

腸脛靭帯と呼ばれる太ももの内側を通りすねの外側に伸びる靭帯で、膝の曲げ伸ばしに大きな影響力を持っている部分となっているため、この部分を対応するランニングや自転車は非常に大きな原因となっています。

腸脛靭帯炎の原因と治療法

腸脛靭帯炎の原因

腸脛靭帯炎の原因は、激しく膝の屈伸を繰り返すことによってこの人体が太ももの外側の骨の部分を移動するため摩擦が発生し、靭帯の1部に炎症が発生することによるものです。

また慢性的な症状になるとランニングや自転車での走行時、一定の距離を走った段階で痛みが発生することになるため注意が必要です。

腸脛靭帯炎の治療法

腸脛靭帯炎の治療は即効的なものはないため、運動を控えることが重要となります。ランニングは痛みが発生するまでに抑え、痛みを感じたらすぐに止めることが大切です。

腸脛靭帯を極力休ませるようにするとともに、痛みの原因となる激しい動かし方を避けることが必要で、場合によっては一定期間ランニングや自転車を控えることが必要になる場合も少なくありません。

腸脛靭帯炎でお悩みなら当院にお任せください

腸脛靭帯炎は慢性化してしまうとランニングや自転車での走行時、一定の距離を走った段階で痛みが発生するようになります。

症状が悪化する前にふくろう整骨院グループにご相談ください。筋肉・骨格・神経のバランスをトータルで考え、痛みの原因を探ることで根本的改善を目指します。
ご来院お待ちしております。

お近くの院を探す