月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

すべり症について

すべり症の特徴

すべり症は関節にズレが生じ、安定性が低下する病気のことで、主に腰椎を中心に発症することで知られます。

すべり症の原因

すべり症の原因と症状は、詳細なメカニズムは未だ不明ではありますが、例えば変性すべり症は加齢によって組織の変性が起こり、安定性が損なわれることが分かっています。

発症の割合が多いのは男性よりも女性で、特に中年期以降に増える傾向があります。症状は腰椎がすべり出しズレてしまい、腰痛が発生したり坐骨神経痛に繋がります。

すべり症による主な症状

すべり症が進行すると、腰椎を走る脊髄神経が圧迫されるので、下半身に痛みや痺れが出てきます。これらの症状は、長距離を歩くと強く表れ、逆に屈んで休むと軽減されるのが特徴です。

このような症状を間欠性跛行と言い、すべり症を代表するものとなっています。症状が悪化していくと、歩行が難しくなったり足が冷たく感じられるなどの症状が現れます。

座っている状態、安静にしている時は症状が出にくいので、それがすべり症を疑うポイントとなるでしょう。痛みや痺れ以外にも、尿や便の排泄に関わる症状が現れることもあります。

すべり症でお困りの方は当院にお任せ下さい

理由はやはり神経の圧迫で、馬尾神経が通る部分に影響することから、膀胱直腸障害や会陰部障害、知覚障害に発展するケースも珍しくないです。
すべり症でお困りの方は、盛岡市にあるふくろう整骨院グループにお任せ下さい!心よりお待ちしております。

ふくろう整骨院 飯岡院へのお問い合わせ

ふくろう整骨院 飯岡院への電話お問い合わせ

電話予約

ふくろう整骨院 飯岡院へのメールお問い合わせ

ウエブ予約

Google Map