月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

変形性股関節症について

変形性股関節症の特徴

変形性股関節症は日本人に多いとされているものの1つで、足の付根に違和感を覚えたり、痛みを感じることで知られています。

変形性股関節症の原因

原因と症状の内、原因の多くは臼蓋形成不全にあって、更に加齢により軟骨がすり減り、骨が変形して炎症が起こることで発症に至ります。

変形性股関節症による症状

症状は関節の痛みが主で、加えて可動域の制限による動かしにくさや、歩きにくさといったものがあります。

関節の軟骨がすり減るので、足の長さが左右に差が生じてしまい、それが歩きにくさに結びつきます。初期の変形性股関節症は、起床時の立ち上がりや歩き始めに違和感を覚えるくらいですが、症状が進行すると痛みを感じて範囲が広がります。

お尻、それから太ももや膝に痛みと強張りを覚え始めたら要注意です。軟骨の摩耗が症状の進行に直結しますから、早めに変形性股関節症に気づき、安静にしていると症状が落ち着きます。

変形性股関節症については当院にお任せ下さい

ひと度進行すると安静状態でも痛みを覚え、夜間も寝ている時に痛みが気になることがあります。やがて長時間の歩行や立つ姿勢が辛くなりますから、早めに対処して、日常生活の支障を最小限に食い止めることが必要です。

筋力のアップや体重のコントロールも有用ですが、進行してしまった場合は骨を切る手術を含めて、人工関節への置き換えなどが検討されます。

このように症状が悪化する前にまずは、盛岡市にあるふくろう整骨院にお越しください。
スタッフ一同、全力で症状改善に取り組み、一日でも早い回復をしていただけるよう尽くします。貴方のご来院を心よりお待ちしております。

ふくろう整骨院 飯岡院へのお問い合わせ

ふくろう整骨院 飯岡院への電話お問い合わせ

電話予約

ふくろう整骨院 飯岡院へのメールお問い合わせ

ウエブ予約

Google Map