月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

肘内障について

肘内障の特徴

2歳から4歳の小児に患者が多い肘内障は輪状靭帯と結びついている橈骨頭が抜けてしまった症状の事で、名称通り肘が抜けた様子になるのが特徴的です。

肘内障の原因

そのため、起こる原因と症状についても手や腕を強く引いたり捻った場合に突如として起こるものの、成長すると見舞われる事例は少なくなります。

肘内障が生じた時に腕を動かそうとしたり触れると痛みを訴えるものの、整復後は短時間で元通りになりこれまでと同様に動かせます。

こうした肘内障は脱臼の一種ではありますが、脱臼と異なるのは症状が生じ続けるのではなく一時的に起こる事です。

肘内障の症状

肘内障が起こった時には腕が麻痺症状を発症しているように垂れる上に、動く素振りを見せないまま内側の方を腕が向きます。

関節に変調が生じるのが肘内障で、発症中に関節部分が赤くなったり腫れ上がる事は無いものの、触れられると痛みを感じるため患者は触れられる事を嫌がります。

肘内障は小さい子供達に起こりやすい病気であるが故に、原因についても

  • 子供達同士の間で起こりやすいじゃれ合い
  • じゃれ合っている時に強く腕が引かれた
  • 転んだ際に顔をぶつけてしまわないよう、咄嗟に手を出した

などががきっかけになりやすいです。

肘内障でお困りの場合は当院にお任せ下さい

もちろん、散歩中などに親が子供の手を引いた時に生じる事もありますが、子供達同士でじゃれ合っている時に生じる事例が特に多いため、引き起こさないためには周囲の大人達が子供達の動向をよく見守ってあげる事が大事です。

もしも、お子さんが肘内障を引き起こしお困りの場合は、盛岡市にあるふくろう整骨院にお越しください。心よりお待ちしております。

ふくろう整骨院 飯岡院へのお問い合わせ

ふくろう整骨院 飯岡院への電話お問い合わせ

電話予約

ふくろう整骨院 飯岡院へのメールお問い合わせ

ウエブ予約

Google Map