保険診療専門治療 » 捻挫

捻挫はなぜ起こるの?

捻挫はなぜ起こるの?転んだり、階段を踏み外したりすることで発症する「捻挫」。原因がはっきりしている症状には保険診療が適用されます。そもそも捻挫とはどんな症状なのでしょう。捻挫の原因や治療法について解説します。

こんなシーンに多い保険診療における捻挫

普通に歩いていて脚をひねったり、転んだときに手を不自然についてしまってひねったり……。捻挫はわたしたちの日常生活において起こりやすい症状のひとつです。捻挫といえば足や手首といったイメージを抱く方も多いと思われますが、捻挫は不自然な状態で体をひねることで関節の靱帯や腱、軟骨などが傷つくケガのことです。そのため、どこの関節にも起こる可能性があります。

保険診療における捻挫の治療

原因がはっきりしている捻挫は、保険診療で治療を受けることができます。アイシングや湿布などで痛みや腫れを取り除いた後、傷ついた患部の筋肉や神経の回復治療も保険診療が適用されます。

  • ふくろうグループの求人サイト
  • 盛岡で整骨院をお探しの方へ
  • WEB予約
TOPへ