月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

ゴルフ肘について

ゴルフ肘の特徴

ゴルフ肘は、上腕骨内側上か炎を呼ばれるスポーツ障害の一種です。名前の通りゴルフ経験者に多い症状ではありますが、必ずしもゴルフをしている人だけが罹るとは限りません。

仕事の弊害や日常生活の癖からも発症することはあるので、日頃から注意が必要です。

ゴルフ肘の原因

主な原因と症状は、まず肩から肘にかけて無理な負荷を掛け過ぎることが原因になります。

人間の手には手首を手のひら側に曲げる筋肉が付いているのですが、手首や腕を使い過ぎて疲労が溜まるとその筋肉で炎症が起こるのです。

つまり手首からも肘の痛みに繋っている可能性があり、肘だけを安静にしていればゴルフ肘にならないわけではありません。

そしてゴルフ肘になると、ただ腕を曲げたり引っ張るだけでも激しい痛みが肘を襲うようになります。

肘の痛みによる症状

拳を握る動作でも強い痛みが出るため、ちょっとしたところでストレスを感じるようになるでしょう。

  • 肘の痛みから反射的に握力が弱まる
  • 持っている物を落としてしまうなどの弊害が出ます。

割れ物を扱う際には両手で持つなど、治療までは工夫した生活を求められるかもしれません。

ゴルフ肘でお困りの方は当院にお任せ下さい

特にゴルフをしている人は感覚が衰えるのを嫌い、多少無理をしてゴルフを続けてしまう傾向が強いです。

ですがもしそれを行うと完治の遅れどころか悪化も考えられますので無理にゴルフを続けづに治療に専念することをお勧めします。

その際は、盛岡市にあるふくろう整骨院グループにお任せ下さい。患者様、お一人お一人真摯に治療を行っておりますので、ゴルフ肘でお困りなら、まずは当院にご来院ください。心よりお待ちしております。

お近くの院を探す