月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

ゴルフ腰痛

ゴルフ腰痛の特徴

スポーツをされている方は腰痛になりやすいと言われています。脊椎は生理的湾曲と呼ばれるS字になっており、この湾曲によってバランス良く歩行できたり、頭の重さを支えています。特にゴルフは、腰椎にかかる負荷が一番大きい為、腰痛を発症してしまう可能性が高いです。

ゴルフ腰痛の原因

ゴルフ中に痛みが出るタイミングによって、原因が変わります。

ラウンド前から痛い場合

前半のラウンド中に痛みが出る場合は、慢性的な腰痛かゴルフのやり過ぎが原因に考えられます。準備運動を行っておらず、身体の動きが良くない状態でフルスイングをすると腰痛が発症します。

また、長時間の運転をしてゴルフをする場合、緊張で身体が硬くなっていたり腰に疲労が蓄積している可能性があります。

中盤から後半にかけて痛みが引き起こる場合

疲労の蓄積が考えられ、スイングや起伏が激しい所を歩くなど終盤には疲労が蓄積されていきます。地形が複雑な所では、股関節の可動性が必要になります。可動性が良くない人は股関節がよく動かないので、腰部に負担をかけて歩行することになります。

ラウンドが終わってから痛みが引き起こる場合

疲労の蓄積が問題になっている可能性がある為、原因を追求していくことが大切になります。猫背や肥満などの生活習慣も原因に考えられます。

ゴルフ腰痛でお悩みなら当院にお任せください

ゴルフをしている方は、他のスポーツに比べて圧倒的に腰痛が多いです。ゴルフ腰痛を放置してしまうと日常生活に支障をきたしてしまう恐れがある為、早期に治療をすることが大切になります。

ゴルフ腰痛でお悩みなら当院にお任せください。当院では、筋肉・骨格・神経のバランスをトータルで考え、痛みの原因を探ることで根本的改善を目指します。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。

お近くの院を探す