月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

足底筋膜炎について

足底筋膜炎の特徴

足底筋膜炎は足の裏全体に伸びる足底筋膜が疲労によって炎症を起こしてしまうものです。歩き始める時に痛みを生じることが多く、その後はあまり痛みを感じなくなるのが特徴です。その原因には様々なものが考えられ、原因によって適切な対処を行うことが必要となります。

これを放置すると足底筋膜が異常をきたし十分な足裏のアーチを形作ることができなくなるために、偏平足と同じような状態となり立って歩くことが困難となる場合もあるため注意をしなければなりません。

足底筋膜炎の原因と症状

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎の原因は、主に長時間立ち仕事を行っていたり、激しく足裏を使用するスポーツなどにより発症することが多くなっています。

足底筋膜炎の症状

かかとに痛みが出ることが多く、そこから足裏全体へと広がることが少なくありません。単なる足裏の疲れと感じてしまうことも多いのですが、足底筋膜に大きな負荷がかかっていることが多いため適切に対処をしないと重篤な症状に至ることもあることに注意が必要です。

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください

足底筋膜炎は放置してしまうと、歩行障害や転倒による骨折など怪我をするリスクを高めてしまうため、早めの治療が大切になります。

症状が悪化する前にふくろう整骨院グループにご相談ください。筋肉・骨格・神経のバランスをトータルで考え、痛みの原因を探ることで根本的改善を目指します。
ご来院お待ちしております。

お近くの院を探す